がん治療に有効的なもの【抗がん剤には副作用もある】

髪の毛の脱毛で悩む

相談

乳がんや大腸がんなどのがんの病気は手術や抗がん剤治療で治療を進めていくことができますが、その中でもよく行われているのが抗がん剤治療です。抗がん剤治療では副作用として髪の毛の脱毛が代表的ですが、強力な抗がん剤によって毛根が死滅することで髪の毛が全て抜け落ちてしまいます。男性なら特に問題ないと感じる人も多いですが、女性だと髪を伸ばしている人も多いので脱毛により髪の毛のコンプレックスを抱く人も多いです。また抗がん剤治療による副作用は脱毛だけではなく嘔吐や下痢といった症状が出て毎日苦しんでしまうという人もいます。副作用の重さは人によっても違いますが、症状が重くなるという場合は専門医に相談をして解決策を見つけていきましょう。

副作用による脱毛は帽子で頭全体を隠すことができるので、抗がん剤治療患者用の帽子を被って髪の毛がないことを分からないようにするだけでも心を落ち着かせることができます。抗がん剤治療はとても辛くて長い入院生活を送りますが、症状が安定してきたら自宅療法をすることも可能です。もちろん自宅療法をしているときに突然予想できないトラブルに見舞われることもあるため、突発的な症状には十分注意をしておきましょう。身体の内部にがんが発生するとなかなかがん細胞を死滅させることは難しいですが、時間をかけて抗がん剤治療をすることで少しずつがん治療の効果を期待することができるでしょう。